㈱システムデザインセンター (システム構築・Web・文書課)

FileMakerシステム構築
FileMakerビジネスアライアンス加盟
なぜFileMaker?
ExcelからFileMakerへ

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

地図上の任意の場所の面積を計算する

皆様、いつもお世話様です。
外を歩いていると梅の香りがする季節ですね。

さて、今回は、地図上の任意の場所の面積を計算するお役立ちサイトをご紹介します。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

こちらの「地図蔵」さんというサイトには、Googleマップの任意の場所の、面積を計算できる「面積計算」というページがあります。

まずは、面積計算のページにアクセスしてください
http://japonyol.net/editor/calculate.html

blg_20170228-01.jpg

①検索窓に、計測したい場所の住所や駅名等を入れ、検索します。
②画面上をクリックして、線をつなげて行き、計測したい部分を囲みます。
③すると、③の部分に面積(㎡およびk㎡、坪)が表示されます。

特定の場所の広さをすぐに計算できる、とても便利なサイトです。

ちなみに、同じ地図蔵さんに、2点間の直線距離を計測するページもあります。
スポンサーサイト

| お役立ちサイト | 19:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ベクターデータのフリー素材配布サイト

皆様、いつもお世話様です。

暑い日が続きますが、お出かけの際はこまめな水分補給をし、熱中症にはお気を付け下さいね。

弊社は8月13日(土)~17日(水)お休みを頂きます。
18日(木)より通常通り営業致します。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

以前の記事で、フリーの画像についてご紹介しました。
その時は、JPEGやPNG等、「ビットマップデータ」だけをご紹介しました。
今回は、「ベクターデータ」に限定して、サイトをご紹介します。
形式はIllustrator EPSやAI等となります。

※ビットマップデータとベクターデータの違いは色々ありますが、大きな差異として
ベクターデータは拡大縮小しても画質が損なわれず、変形が自在なので、デザインに組み込みやすく印刷にも強いデータです。
ビットマップデータは、沢山のドット(粒々)が集まって出来ている画像なので、あまり拡大すると画質が粗くなります。
※当記事では、日本語で規約の確認出来るサイトだけをご紹介しています。

シルエットデザイン
人物や動植物、乗り物など多彩なシルエットのデータを配布されています。
配布形式:イラストレーター形式  使用:フリー素材 商用可・加工可

クリップアートファクトリー
以前もご紹介させて頂きました。昔マイクロソフト製品についていたクリップアートのような雰囲気の素材で、企画書作成に非常に助かります。
配布形式: EPS、WMF  使用:フリー素材 商用可・加工可

Flode
花や木、果物など、植物系に特化した素材サイトです。10000点以上の多彩な素材があります。
配布形式:イラストレーター形式  使用:フリー素材 商用可・加工可

Frame Design
飾り枠、飾り罫に特化したサイトです。③と同じ方が運営されているようです。
配布形式:イラストレーター形式  使用:フリー素材 商用可・加工可

FLAT ICON DESIGN
シンプルで可愛らしいアイコンに特化したサイトです。③④と同じ方が運営されているようです。
配布形式:AI,EPS,SVG  使用:フリー素材 商用可・加工可

背景素材フリードットコム
背景に特化した素材サイトです。華やかな印象です。
配布形式:イラストレーター形式  使用:フリー素材 商用可・加工可

人物イラスト館
人物イラストに特化した素材サイトです。様々な職業・表情の人物イラストが揃っており、企画書作成等に非常に助かります。
配布形式:イラストレーター形式  使用:フリー素材 商用可・加工可

※ご注意事項
上記の説明は、2016年8月12日現在のものです。
以降、各サイト様の規約は変更になる可能性もございます。
ご利用の際は各サイト様の利用規約を御確認の上ご使用ください。

| お役立ちサイト | 11:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

Excel関数 IFERRORを使ってエラー表示をしない

皆様、いつもお世話様です。

ようやく関東も梅雨が明けましたね。
いつもより少し遅めですっきりしない天気が続いておりましたので、梅雨明けを待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか。
暑さ対策をしっかりして過ごしていきたいですね。

さて本日は、「Excel関数 IFERRORを使ってエラー表示をしない」方法をご紹介します。
Excelで計算中、「#DIV/0!」などのエラー表示になってしまったことはありませんか?。
エラーが出るのにはそれなりの理由があるのですが、どうしても出てしまったり、エラーになってしまうことを承知の上で計算式はそのままにしておきたい、ということがあると思います。
しかしエラー表示のままにしておくわけにはいきませんよね。
そんなときにIFERROR関数を使えば、値がエラーの場合に表示させたい値を指定することができます。

※Excel 2010で解説

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

IFERROR関数は2007以降のExcelで使用することができます。
式はこのような形です。

=IFERROR(値,"エラーの場合に表示する値")


20160729_01.jpg

例えば、この表ではB4セルに値が入っていないため、前年比を求めるD4セルがエラー表示になっています。
エラー表示のかわりに、「前年なし」と表示させるようにIFERROR関数を使ってみましょう。

D4セルに下記の数式を入力します。

=IFERROR(C4/B4,"前年なし")

20160729_02.jpg

20160729_03.jpg
「前年なし」という表示になりました。

エラー表示だとごちゃごちゃして分かりにくいですが、すっきり表としても見やすくなります。
表に合わせて「"-"」(ハイフン)にしたり、「""」で空欄表示にもできますので、是非お試しください。

20160729_04.jpg
・エラーをハイフン表示に

20160729_05.jpg
・エラーを空欄表示に

| お役立ちサイト | 16:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「Google Fonts」でフォントをダウンロード

皆様、いつもお世話様です。

明日からゴールデンウィークですね。
弊社はカレンダーどおりの営業致しますので、どうぞよろしくお願い致します。

さて、本日は「Google Fonts」についてご紹介致します。
「Google Fonts」は、Googleが提供しており、商用・非商用問わずに利用できる欧文フリーフォントのあるサイトです。
現在700数以上と種類も豊富で、Web上で好きな言葉を入れてどんな風に表示されるか試すことができます。
利用するのにユーザー登録なども必要ありません。
Web上で使う方法とダウンロードして使う方法があるのですが、今回は後者の手順をご紹介します。


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-


まずはGoogle Fontsのサイトにアクセスし、使いたいフォントを探します。
https://www.google.com/fonts/

20160428_01.jpg



【Filters】で候補を絞り込みます。

20160428_02.jpg


【All Categories】
・Serif:明朝体
・Sans-serif:ゴシック体
・Display:装飾フォント
・Handwriting:筆記体
・Monospace:等幅フォント

・Thickness:太さ
・Slant:傾斜
・Width:幅


使用したいフォント名が決まっている場合は、【All Categories】の上の検索ボックスから検索することもできます。


「Sans-serif」からフォントを1つダウンロードしてみます。
20160428_03.jpg

【Preview Text】の欄に文字を打ち込めば、よりどんなフォントか分かりやすいです。
【Size】では表示するサイズ、【Sorting】では表示順を変更することができます。

20160428_04.jpg



使用したいフォントを決めたら、【Quick-use】をクリックします。
20160428_05.jpg



使いたい書体にチェックを入れ、右上の「↓」ボタンをクリックします。

20160428_06.jpg



ウィンドウが表示されたら、一番上の「.zip file」をクリックし、任意の場所にダウンロードします。
20160428_07.jpg



ダウンロードしたzipファイルを解凍し、フォントを選択・右クリックからインストールを選び、完了です。
20160428_08.jpg


あとはソフトなどで使うだけです。
ほとんどクリックして進めていくだけなので、とても簡単にお好みのフォントをダウンロードすることができると思います。

| お役立ちサイト | 16:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

パブリックドメインの自由に使える画像について

皆様、いつもお世話様です。

先日発生した熊本地震により、被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
一刻も早い救助、復旧をお祈りいたします。


さて、今回のテーマは『パブリックドメインの自由に使える画像について』です。
パブリックドメインとは端的に言えば「誰でも利用できる公共の財産」というニュアンスです。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

①マイクロソフトのクリップアート提供が終了し、皆フリー素材に困っています

以前はOfficeユーザーであれば、「クリップアート」という素材を使う事ができました。
これは個人使用はもちろん、プレゼンなどの企業における使用も出来た、とても良いサービスでした。
ところが、2014年12月にこのサービスは終了してしまいました。
今でも「クリップアート」というメニューは存在しますが、
出て来るのは全て、インターネット上にある、著作権のある素材ばかりです。
以前と同じような気持ちでフリー素材だと思い込んで使ってしまうと
誰かの著作権を侵害してしまう危険があります。
こちらの記事が詳しいです)
他に、著作権を侵害せずに使えるフリー素材は無いのでしょうか。


②パブリックドメインの画像

パブリックドメインとは:
「公有の財産」(皆のもの)というような意味であり、その財産権が特定の誰かのものではないことです。
それを使用したり改変したからといって、誰の著作権も侵害しません。
つまり誰でも自由に、許可を得ず、フリーで使う事ができます。
(※ただ画像の著作権と写っている人物の肖像権は別となりますのでご注意下さい。また企業ロゴが写っていたり、特定の建築物が写っている場合も著作権が発生する場合があり注意が必要です)

以下は、パブリックドメインの素材を公開しているサイトです。

◆Pixabay (日本語対応)
https://pixabay.com/
62万枚以上の写真がストックされている最大級のサイトです。
使用ルールについてはこちらのページに明記されており、著作権フリーと日本語で書いてあります。

◆DesignerCandies
http://designercandies.net/ 
フリーの写真やブラシ等を配布しています。

◆PublicDomainPictures.net
http://www.publicdomainpictures.net/
写真中心に、フリーの画像を配布しています。一部有料のものもあるようです。

◆Publicdomainvectors.org
http://publicdomainvectors.org/
ベクターデータを配布しています。

※これは、この記事が公開された2016年4月15日時点の情報です。
以後、各サイトの規約は変更される事もあり得ます。ご了承ください。
ご利用の際は各サイトの規約を必ず御確認ください。

| お役立ちサイト | 18:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>