㈱システムデザインセンター (システム構築・Web・文書課)

FileMakerシステム構築
FileMakerビジネスアライアンス加盟
なぜFileMaker?
ExcelからFileMakerへ

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

Wordの図をそのままコピー&ペーストする

皆様、いつもお世話様です。

暑い夏が過ぎ、今日はぐっと涼しくなりました。
このまま涼しい日が続いてくれればいいのですが…。

さて、今回は
「Wordの図をそのままコピー&ペーストする」です。
Wordで「図形」機能を使ってせっかく描いた図が、
コピー&ペーストすると崩れてしまう現象の解決について書きました。
(Word2010にて説明しています。文末にExcelについても記述)

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

①Wordの「挿入」>「図形」から、好きな線や図形を使って、図を描画しました。


blg_20170831-01.jpg



②これを選択し、書式を崩さず他のWord書類にコピー&ペーストするには…

「右クリック」>「貼付のオプション」から「元の書式を保持」ボタンを押します。

blg_20170831-02.jpg

すると、元の図そのままでペーストされます。



③図は不要でテキストだけ貼り付けたい時は…

「テキストのみ保持」をクリックします。
blg_20170831-03.jpg



④Excelの表は、もっとバリエーションがあります。

表をコピーして、右クリックすると…

blg_20170831-04.jpg

このように、「形式を選択して貼付」というメニューがあり、
「値のみ」「行列入れ替え」など多くのことが出来ます。

blg_20170831-05.jpg

スポンサーサイト

| ちょっとした小技 | 14:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

Word,Excelのパスワードを消して「別名で保存」する方法

皆様、いつもお世話様です。


弊社は下記期間お休みを頂きます、何卒よろしくお願い致します。

期間:平成29年8月12日(土)~平成29年8月16日(水)

8月17日(木)より通常営業致します。



さて、今回は『Word,Excelのパスワードを消して、パスワードのかかっていない書類として「別名で保存」する方法』です。



-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-



①まずは該当の書類を開きます



要求されたパスワードを入力し、書類を開きましょう。


blg_20170731-01.jpg






②次に、開いた書類について「別名で保存」を選択します。



その際、保存ボタンを押す前に隣の「ツール」から「全般オプション」を選択します。



blg_20170731-02.jpg






③すると下図のようにパスワード画面が出ますので、既に入っているパスワードを、消去してください。



そして、「OK」を押し、「保存」してください。

こうして保存されたものは、以後パスワードを要求されません。



blg_20170731-03.jpg






| ちょっとした小技 | 10:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

WordやExcelの書類にパスワードを設定する

皆様、いつもお世話様です。
暑かったり寒かったり天気が不安定な日々ですが
体調にはお気を付けくださいね。

さて、本日は
「WordやExcelの書類にパスワードを設定する」です。
限られた人しか見てはいけない書類には、パスワードを設定してしまうのが一番早くて確実です。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

※WordもExcelも手順は同じです。

①まず保存ボタンを押す前に、保存ボタンの左にある「ツール」をクリックします

blg_201705_01.jpg



②「全般オプション」をクリックします。
保存オプションと間違えやすいので注意しましょう。

blg_201705_02.jpg



③「読み取りパスワード」のところに任意のパスワードを入れれば、開く時にパスワードが必要な設定となります。
書き込み(ファイルの内容変更)を制限したい場合は、その下の「書き込みパスワード」を設定しましょう。

blg_201705_03.jpg



④OKを押すとパスワードの再確認画面が出ます

もう一度同じパスワードを入力し、OKを押し、保存しましょう。

blg_201705_04.jpg

| ちょっとした小技 | 17:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

WordやExcelのキーボードショートカット

皆様、いつもお世話様です。
もうすぐゴールデンウィークですね。
旅行される方は気を付けて楽しんでくださいね。

さて、今回は「WordやExcelのキーボードショートカット」です。
メニューボタンをわざわざマウスを動かしてクリックする時間も惜しい時、
よく使う機能などはキーボードショートカットを使うととても便利です。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

①キーボードショートカットとは

マウスを使わず、キーボードを使って操作を簡単に行う機能です。

例えば、
「Web上の文章をコピーして、Wordに貼り付けたいけれど、そのまま貼り付けると文字の色や修飾やリンクなど余計な属性が付いてきてしまう。なんとか、属性を付けずにテキストだけをペースト出来ないか」
という時は
Wordの貼り付けたいところにカーソルを置いた状態で
Alt → H → V → T
の順でキーボードを押してみてください。
テキストだけペーストが出来ます。
このように、最初にAltキーを押して、様々なパターンの動作をキーボードだけで行なえます。
わざわざ該当するボタンを探してクリックする必要がありません。



②実際に見てみましょう

1)Altキーを押してみてください。

メニュータブの下にアルファベットや数字が表れます。

blg_201704_03.jpg

ホームは「H」、挿入は「N」といった具合です。

2)ホームの「H」を押してみてください。

blg_201704_04.jpg

ホームタブの中の各メニューにキーが割り当てられているので、使うコマンドのキーを押してみましょう。

このように、全ての項目をキーで選ぶ事が出来ます。
全部を覚える事は無理ですが、良く使う動作だけは暗記してしまえば作業が効率化されます。

| ちょっとした小技 | 18:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

PDFで、複数ページを1枚に印刷する方法

皆様、いつもお世話様です。
気温の低い日が続きますが、それでも少しずつ桜が咲き始めています。
国立大学通りの桜もそろそろ見ごろのようです。

さて、今回は
「PDFで、複数ページを1枚に印刷する方法」
です。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
次の2つでご説明いたします。
Adobe Acrobat Reader DC(無料のPDF閲覧ソフトです。当記事ではDCの画面を使ってご説明しています)
Adobe Acrobat 8(有料の、PDFを作成・編集するソフトです。当記事ではVer.8の画面を使ってご説明しています)


①Adobe Acrobat Reader DCの場合


blg_20170331-01.jpg

1)印刷したい文書を開きます。
2)画面上のプリントボタンを押します。
3)「ページサイズ処理」の「複数」を押します。
4)1枚あたりの縦横のページ数を設定します。(どのように配置されるかは、プレビューで確認出来ます)
5)「ページの順序」で、並べる順序(縦・横と右からか左からか)を選べます。
6)「ページの境界線を印刷」にチェックを入れると、それぞれのページが黒枠で囲まれます。


②Adobe Acrobat 8の場合

blg_20170331-02.jpg

1)印刷したい文書を開きます。
2)画面上のプリントボタンを押します。
3)「ページの拡大/縮小」のところで、「1枚に複数ページを印刷」を選択します。
4)1枚あたりの縦横のページ数を設定します。(どのように配置されるかは、プレビューで確認出来ます)
5)「ページの順序」で、並べる順序(縦・横と右からか左からか)を選べます。
6)「ページの境界線を印刷」にチェックを入れると、それぞれのページが黒枠で囲まれます。


どちらも大体流れは同じですが、3)のところだけが違います。

1枚あたりの情報量が少ないプレゼン資料などを、複数ページを1枚に印刷して紙を節約する場合に有効です。
パワーポイントと違い、カスタムで入れるページ数を調節できるのが便利なポイントです。

| ちょっとした小技 | 17:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>