FC2ブログ

㈱システムデザインセンター (システム構築・Web・文書課)

FileMakerシステム構築
FileMakerビジネスアライアンス加盟
なぜFileMaker?
ExcelからFileMakerへ

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

文字コードや改行コードが知りたい時

皆様、いつもお世話様です。
すっかり秋も深まって、国立市の大学通りはきれいな赤い落葉が沢山です。

さて、今回は「文字コードや改行コードが知りたい時」です。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

①文字コードとは
文字コードとは、文字をコンピュータで扱うために個々の文字や記号に割り当てられた、固有の番号です。
・・・と言うといかにも難しいですが、UTF-8やShift-JISというと何だか聞いたことがあるのではないでしょうか。
どちらにしても、普段は意識しません。

でも、例えば銀行のEBデータなどで「文字コードは○○として下さい」のような規則があるものに当たった時、分からないと困ってしまいますね。


②改行コードとは
文字コードのひとつで、文書が改行することを指示するコードのことです。
これも普段意識せず使っていますが、こうやって文章を書いていて、エンターキーを押すたびに
実は「改行コード」が挿入されているのです。
これは2種類あって、「LF」と「CR」という2つの改行コードがあります。

・UNIXではLFが使われ
・Mac OSではCRが使われ
・Windows ではCRとLFが使われています。


③簡単に知りたい
ある文書の、文字コードや改行コードが何なのか、知りたいと思った時、どうすれば良いのでしょう?
メモ帳で開いても、何の手がかりもありません。
「TeraPad(テラパッド)」というフリーのテキストエディタなら、開くだけですぐ分かります。

こちらの公式サイトダウンロードページからダウンロードできます。

さて、インストールしたTeraPadでファイルを開いてみてください。
右下のSJISが文字コードで、CRLFが改行コードです。

blg_20181130-1.jpg


④指定して保存も可能
では文字コードや改行コードを変えたい時は・・・
「ファイル」>「文字/改行コードを指定保存」で、任意のコードを選んで保存できます。

blg_20181130-2.jpg

かゆい所に手が届くソフトです。
スポンサーサイト

| ちょっとした小技 | 18:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

外付けHDDに覚えのないファイルが…(install.res.1028.dll等)

皆様、いつもお世話様です。
いつの間にかすっかり秋です。
月日の経つのは早いものです・・・。
さて今回の内容は
「外付けHDDに覚えのないファイルが…(install.res.1028.dll等)」
です。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

いつの間にか、外付けHDDの中にこんな大量のファイルが出来ていました。
「もしかしてウイルス!?」とびっくりしますよね…。
でもご安心ください。ウイルスではありませんでした。
これはマイクロソフトのバグだそうです。

blg_20181030-1.jpg

マイクロソフトの製品をインストールしたときに出来るごみファイルで、本来消えるはずのものがバグで残ってしまっているとの事です。
Cドライブに出来る事例が多いらしいですが、弊社の場合外付けHDDに出来ていました。
マイクロソフト社の公式アナウンスで、消してしまって構わないとの事です。
尚、消していいのは

VC_RED.MSI
VC_RED.cab
install.exe
install.res.1028.dll~install.res.3082.dll (全部で9個)
eula.1028.txt~eula.3082.txt (全部で9個)
globdata.ini
install.ini
vcredist.bmp


の全部で24個のファイルです。
間違って他のファイルを消したりしないよう、注意しましょう!
このまま残しておいても害はないようですが、
他のファイルを探すのに邪魔なので、消してしまいます。

| ちょっとした小技 | 13:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

インデックスで検索を素早く

皆様、いつもお世話様です。

今日は爽やかな秋晴れで、
先月までのあの暑さが嘘のようです。

さて今回は
「インデックスで検索を素早く」です。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

①検索が遅い…

Windowsのフォルダを開くと、右上に検索窓がありますね。
でも、この検索、遅いですよね…。
実は、検索のたびに1つ1つのファイルの情報を確認しているから、遅いのです。
そうしなくて済むように「インデックスを作成」すると事態は解決します。

blg_20180928-01.jpg


②インデックスとは

ファイル名、更新日時、作成者などファイルのプロパティにある情報をまとめたもののことです。
フォルダごとにこれがあれば、検索時にいちいち全てのファイルを確認しに行かないので、検索が高速化されるのです。


③作成方法

・まずコントロールパネルで「インデックスのオプション」をクリックします。
 なければ、検索すると出て来ます。

blg_20180928-02.jpg

・次に変更をクリックします。

blg_20180928-02-2.jpg

・インデックスを作成したい項目にチェックを入れます。
・マイドキュメント等は最初から作成されているようです。
・最初、一部しか表示されていないので「すべての場所の表示」をクリックします。
・下記のようにローカルディスク等畳まれている項目は
 三角をクリックすると拡がって、下層のフォルダも表示されます。

blg_20180928-03.jpg


④ご注意点

※インデックスの作成には時間がかかります。
 お時間に余裕のある時に行ってください。

※ディスクの容量を結構使うようです。
 容量に余裕のあるPCで行ってください。

| ちょっとした小技 | 16:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ファイルのパスを知りたい

皆様、いつもお世話様です。
6月とは思えない暑い毎日ですね!
30℃を超える日ばかりですので、熱中症には気を付けてください。

さて、今回は「ファイルのパスを知りたい」です。
Windows7の画面でご説明しますが、10でも基本は同じです。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

①ファイルのパス

このファイルが今、自分のPC(あるいはネットワーク内の他のPC)のどこにあるのか?
という住所にあたるのがパスです。
該当のファイルを 「Shift」キーを押しながら右クリック すると、
下記のようなメニューが出て、「パスとしてコピー」という項目が出ます。
(Windows10では「パスのコピー」)

blg_20180629-03.jpg

それを選択すると該当ファイルのパスがコピーされ、
メモ帳等に貼りつける事が出来ます。

デスクトップにある書類は
"C:¥Users¥ユーザ名¥Desktop¥該当ファイル"
という風に、Cから始まるパスとなります。

ネットワーク内の別のパソコン内にあるファイルの場合
"¥¥共有PC名¥共有フォルダ¥該当ファイル"
という風に、¥¥から始まるパスとなります。
(※文字化け防止の為、全角の¥にしておりますが、実際は半角です)

②エクセルは開いた状態でパスが分かる

エクセルファイルは、開いている途中に
「これ、どこに保存してあるファイルだっけ…?」
と分からなくなった時の為に、パスが表示される機能があります。

ファイル>情報 を開くと、ファイル名の下にパスが表示されます。

| ちょっとした小技 | 14:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

Excelでセルに数値を入れた時、他のセルに自動で色を付ける

皆様、いつもお世話様です。

もうすぐゴールデンウィークですね。
弊社はカレンダー通りお休みをいただきます。

さて今回は
「Excelで指定したセルに数値を入れると、横一列のセルに自動で色がつく」
ようにする設定です。
セルに自動で色をつけたい時、エクセルでは自由に設定できます。
(Excel2010の画面でご説明します)

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

①こんな時・・・

例えばこんな「やるべき事リスト」があって、

blg_20180426-01.jpg

完了日を入れたものは、自動でセルが暗くなり
「終わったよ!」というのが一目瞭然になります。

blg_20180426-02.jpg

こういう仕組み、割と見掛けますよね。
これは一体どうやっているのか? というお話です。


②まず、設定をしたい範囲のセルを全部選択します。

blg_20180426-02-2.jpg


③画面上部の「ホーム」から、「条件付き書式」「新しいルール」を選択します。

blg_20180426-03.jpg


④一番下の「数式を使用して~」を選択し、任意の計算式を入れます。


blg_20180426-04.jpg

今回のこの例では
=$F6>0
と入っています。
これは、「Fの列に0以上の値が入った場合」
という意味です。
(6は開始行です)
つまりここでは「完了日」の列に何らかの日付が入った場合、という事です。
(該当する列がF以外の時は適宜書き換えてください。)


⑤次に「書式」というボタンをクリックし、書式を自由に設定します。

blg_20180426-05.jpg

今回の例では、セルを灰色に塗りつぶす設定にしました。


⑥するとこのように、完了日の列(F)に何らかの数値(日付)が入ると、
自動で横1列のセルが灰色に塗りつぶされるようになりました。


blg_20180426-02.jpg


⑦応用で、打消し線を引く書式などにも設定できます。

blg_20180426-06.jpg

| ちょっとした小技 | 09:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>