㈱システムデザインセンター (システム構築・Web・文書課)

FileMakerシステム構築
FileMakerビジネスアライアンス加盟
なぜFileMaker?
ExcelからFileMakerへ

>> EDIT

WordやExcelのキーボードショートカット

皆様、いつもお世話様です。
もうすぐゴールデンウィークですね。
弊社は5月の3,4,5日お休みを頂きます。

さて、今回は「WordやExcelのキーボードショートカット」です。
メニューボタンをわざわざマウスを動かしてクリックする時間も惜しい時、
よく使う機能などはキーボードショートカットを使うととても便利です。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

①キーボードショートカットとは

マウスを使わず、キーボードを使って操作を簡単に行う機能です。

例えば、
「Web上の文章をコピーして、Wordに貼り付けたいけれど、そのまま貼り付けると文字の色や修飾やリンクなど余計な属性が付いてきてしまう。なんとか、属性を付けずにテキストだけをペースト出来ないか」
という時は
Wordの貼り付けたいところにカーソルを置いた状態で
Alt → H → V → T
の順でキーボードを押してみてください。
テキストだけペーストが出来ます。
このように、最初にAltキーを押して、様々なパターンの動作をキーボードだけで行なえます。
わざわざ該当するボタンを探してクリックする必要がありません。



②実際に見てみましょう

1)Altキーを押してみてください。

メニュータブの下にアルファベットや数字が表れます。

blg_201704_03.jpg

ホームは「H」、挿入は「N」といった具合です。

2)ホームの「H」を押してみてください。

blg_201704_04.jpg

ホームタブの中の各メニューにキーが割り当てられているので、使うコマンドのキーを押してみましょう。

このように、全ての項目をキーで選ぶ事が出来ます。
全部を覚える事は無理ですが、良く使う動作だけは暗記してしまえば作業が効率化されます。
スポンサーサイト

| ちょっとした小技 | 18:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

PDFで、複数ページを1枚に印刷する方法

皆様、いつもお世話様です。
気温の低い日が続きますが、それでも少しずつ桜が咲き始めています。
国立大学通りの桜もそろそろ見ごろのようです。

さて、今回は
「PDFで、複数ページを1枚に印刷する方法」
です。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
次の2つでご説明いたします。
Adobe Acrobat Reader DC(無料のPDF閲覧ソフトです。当記事ではDCの画面を使ってご説明しています)
Adobe Acrobat 8(有料の、PDFを作成・編集するソフトです。当記事ではVer.8の画面を使ってご説明しています)


①Adobe Acrobat Reader DCの場合


blg_20170331-01.jpg

1)印刷したい文書を開きます。
2)画面上のプリントボタンを押します。
3)「ページサイズ処理」の「複数」を押します。
4)1枚あたりの縦横のページ数を設定します。(どのように配置されるかは、プレビューで確認出来ます)
5)「ページの順序」で、並べる順序(縦・横と右からか左からか)を選べます。
6)「ページの境界線を印刷」にチェックを入れると、それぞれのページが黒枠で囲まれます。


②Adobe Acrobat 8の場合

blg_20170331-02.jpg

1)印刷したい文書を開きます。
2)画面上のプリントボタンを押します。
3)「ページの拡大/縮小」のところで、「1枚に複数ページを印刷」を選択します。
4)1枚あたりの縦横のページ数を設定します。(どのように配置されるかは、プレビューで確認出来ます)
5)「ページの順序」で、並べる順序(縦・横と右からか左からか)を選べます。
6)「ページの境界線を印刷」にチェックを入れると、それぞれのページが黒枠で囲まれます。


どちらも大体流れは同じですが、3)のところだけが違います。

1枚あたりの情報量が少ないプレゼン資料などを、複数ページを1枚に印刷して紙を節約する場合に有効です。
パワーポイントと違い、カスタムで入れるページ数を調節できるのが便利なポイントです。

| ちょっとした小技 | 17:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

地図上の任意の場所の面積を計算する

皆様、いつもお世話様です。
外を歩いていると梅の香りがする季節ですね。

さて、今回は、地図上の任意の場所の面積を計算するお役立ちサイトをご紹介します。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

こちらの「地図蔵」さんというサイトには、Googleマップの任意の場所の、面積を計算できる「面積計算」というページがあります。

まずは、面積計算のページにアクセスしてください
http://japonyol.net/editor/calculate.html

blg_20170228-01.jpg

①検索窓に、計測したい場所の住所や駅名等を入れ、検索します。
②画面上をクリックして、線をつなげて行き、計測したい部分を囲みます。
③すると、③の部分に面積(㎡およびk㎡、坪)が表示されます。

特定の場所の広さをすぐに計算できる、とても便利なサイトです。

ちなみに、同じ地図蔵さんに、2点間の直線距離を計測するページもあります。

| お役立ちサイト | 19:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

言語バーが表示されなくなったら

皆様、いつもお世話様です。

寒くて乾燥した日々が続きます。
日光をなるべく沢山浴びて、風邪をひかないように過ごしましょう。

さて、今日は『言語バーが表示されなくなったら』です。
Windows7で解説します。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

①言語バーとは

画面右下にある、これ↓のことです。

blg_20170130-01.jpg

急に表示されなくなったら困りますね。
この言語バーは、どこでコントロールすれば良いのでしょうか。



②表示を切り替える

スタート > コントロールパネル > キーボードまたは入力方法の変更 を開いてください。

「キーボードの変更」ボタンを押してください。

すると下記のような画面が出ます。

blg_20170130-02.jpg

「言語バー」タブを開いてください。
これが
「表示しない」になっていると、言語バーが表示されません。
ですので、上2つの選択肢のどちらかを選んでください。
「デスクトップでフロート表示する」だと、独立して表示されます。
「タスクバーに固定する」だと、右下のタスクバーの中におさまります。



③言語バーについて、Microsoft Office IME2007と2010の選択肢が毎回出てしまう場合

OSのアップ/ダウングレードをした時など、稀に上記のような現象が起こります。
いちいち起動するたびに、 IME2007と2010を選ばなければいけないという大変面倒な状態になるのです。
これの解決方法は、

スタート > コントロールパネル > キーボードまたは入力方法の変更 を開いてください。

「キーボードの変更」ボタンを押してください。

今度は「全般」タブをクリックしてください。

blg_20170130-03.jpg

ここで「IME2010」を選ぶと、下の「キーボード」の枝分かれ図のところに2007と2010が両方表示されていませんか?
もし両方されていたら、2007を選んで削除してください。2010だけになったら、以後いちいち選択肢が出なくなります。

| ちょっとした小技 | 19:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

インクジェットプリンタのインクの違い

皆様、いつもお世話様です。
この時期、国立では毎年大学通りのイルミネーションが綺麗です。

◆弊社の年内営業日は12月28日までとなります。年始は1月4日から営業いたします。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

さて、今回のテーマは、インクジェットプリンタのインクの違いについてです。
年賀状印刷の季節ですが、プリンタを買う場合どれが自分に一番合ってるのか…という内容になります。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
①プリンタのインクの種類

ひとことで「インクジェットプリンタ」と言っても、
 1) 4色と5色と6色がありますが、どう違うのでしょうか?
 2) また、染料と顔料の違いは?
 3) カートリッジ「一体型」と「独立型」の違いは?



②色数の違い


4色:シアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4種です。
通常の紙に印刷する場合、これで問題ありません。
また写真印刷する場合でも、それほど繊細な色味にこだわらない場合これで十分です。

5色:シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック(染料)、ブラック(顔料)の5種です。
染料と顔料を、場合によってプリンタが使い分けてくれます。
この違いについては後述します。

6色
:シアン、マゼンタ、イエロー、フォトシアン(薄水色)、フォトマゼンタ(薄ピンク)、ブラックの6種です。
薄い色が加わる事により、写真がより綺麗で鮮やかになります。
よく「写真が綺麗にプリントできる!」と言う事を売りにしているプリンタは、大抵この6色となります。
薄水色と薄ピンクは、通常は使われず、写真印刷の時のみ使われます。
ただ、4色でも普通に写真は印刷出来るのです。「写真の出力の鮮やかさ」に特にこだわる場合に、6色を選ぶと良いでしょう。
普通紙への印刷においては、4色でも6色でも特に質の違いはありません。
6色の欠点は、起動時のクリーニングにおいて、普段使わない薄水色と薄ピンクも少しずつインク残量が減ってゆくことです。もし普段写真をあまり印刷しないとしたら、少しもったいないですね。



③染料と顔料の違い

1)性質の違い
染料:水に溶ける性質の色素。水ににじみやすく、光で色褪せしやすい。写真の繊細な色みが表現できる。
顔料:着色力に優れた色素。耐水性が高い。光で色褪せしにくい。写真の繊細な色みは苦手。

2)結局どっちがいいの?
通常の印刷では、特別な理由がない限り染料で十分です。
ただビジネス文書の黒い文字などで、顔料の方が良いかもしれません。
顔料はインクの粒子が大きく、目詰まりしやすいという欠点があります。



④一体型と独立型の違い

一体型:複数の色が1セットになっており、どれか1色だけがなくなれば買い替えなければいけない。その分プリンタ本体の価格が安い。
独立型:1色ずつ独立しており、なくなった色だけを買い替えればいいのでお得。その分プリンタ本体の価格は高い。

※大事な点として、詰め替えインクを使用する場合、独立型の方が何度も詰め替えられると言われています。
経済的なことを考えると、独立型の方が長期的に見てだいぶお得感がありますね。

| ちょっとした小技 | 12:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>